新着ニュース

「SESSA中小企業医療機器開発ネットワーク」は、SESSA参加各社の技術を用いて、
新たに外径φ0.9mmの試作超音波生検針(※)を開発しました。

※超音波生検針とは、超音波内視鏡と組み合わせて、
膵臓などのアクセスが難しい臓器にある病変の診断用検体を採取するための針です。

<試作EUS-FNB超音波生検針の特徴と狙い>
【ピンポイントでの組織診用検体の採取】
・一対のスライド刃を備えた側孔により、確実に病変を捉えることができます。

【簡単操作】
・一般的な超音波生検針で行われているアジテーション操作やスタイレットの挿抜操作、
吸引操作は必要ありません。

【内視鏡への高い挿抜性】
・挿抜性向上に有利な柔軟性の高いシース構造を備えています。

【穿刺時の直進性】
・対称性の高い針先設計により、穿刺時の直進性を得ることができます。

今後、医療機器メーカーと組んで製品化に向けた開発を進めていきたいと考えています。

この試作品は、11月13日(月)~11月16日(木)にドイツのデュッセルドルフで
開催される世界最大の医療機器製造展「COMPAMED 2017」のSESSAブース(8b-D03)で
展示する予定です。

またこれらの試作や「COMPAMED 2017」への出展は、
経済産業省の補助金「JAPANブランド育成支援事業」
(補助申請者:長野県中小企業団体中央会)を利用しています。

※医薬品医療機器等法未承認の為、販売・授与できません。

SESSA会員の(株)共進と、(株)ナノ・グレインズは、
長野県 平成29年度「現場課題解決型医療・福祉機器開発支援事業」に採択されました。

http://www.pref.nagano.lg.jp/mono/sangyo/shokogyo/joseikin/genbakadai.html

SESSAは、
平成29年度予算ふるさと名物応援事業補助金(JAPANブランド育成支援事業)
ブランド確立支援事業(3年目)に、採択されました。
(補助申請者:長野県中小企業団体中央会)


なおこの補助金を利用して、
世界最大の医療機器製造展「COMPAMED 2017」への出展と、
展示用内視鏡処置具の試作を行う予定です。

お知らせ

2016.11.09

長野日報に掲載されました。

今回のCOMPAMED出展について、長野日報様に紹介されました。

2016「SESSA中小企業医療機器開発ネットワーク」は、
先端部の外径がφ0.7mmの世界最細径の超微細粒ステンレス鋼製内視鏡用鉗子を開発しました。

この鉗子のために新しく考案した構造(特許申請中)と、通常のステンレス鋼の3倍の強度を持つ
超微細粒ステンレス鋼をベースとして、中小ものづくり企業の技術を活かした精密部品加工や精密組立により、
φ0.7への細径化とスムーズな動作を実現しました。

この鉗子に使用しているコイルシースは、通常は別部品を溶接した上で鉗子として組立ますが、
(株)ミクロ発條の精密コイル技術を活かし、長いコイルシースの一部を異形とすることで
別部品の溶接を不要とし組立を簡易化しています。

 

組立は、(株)松一の資格認定制度の認定を受けた作業者が行いました。

また(株)ナノ・グレインズは、この処置具の設計と、材料(超微細粒ステンレス鋼)を担当しました。

この鉗子を用いることで、これまでの鉗子では到達できなかった細い管腔臓器における癌の確定診断ができるようになります。

 

この試作品は、11月14日(月)~11月17日(木)にドイツのデュッセルドルフで開催される
世界最大の医療機器製造展「COMPAMED 2016」のSESSAブース(8b-D03)で展示する予定です。

 

またこれらの試作や「COMPAMED 2016」への出展は、経済産業省の補助金「JAPANブランド育成支援事業」
(補助申請者:長野県中小企業団体中央会)を利用しています。

 

今後は、今回、技術確立したものづくり技術を使って、新たな医療機器ビジネスの確立を目指す予定です。

※医薬品医療機器等法未承認の為、販売・授与できません。

ページトップへ戻る